勉強会について・バックナンバー

2019年の勉強会バックナンバー

第99回 医療と介護の勉強会
在宅医療と虹ねっと
豊中市医師会 副会長 虹ねっと連絡会 会長 前防 昭男 先生

医療と介護の勉強会

2019年2月28日(木)19:00〜

99 回目の勉強会では、豊中市医師会副会長および虹ねっと連絡会会長である前防昭男先生をお招きして医療介護連携の要である「虹ねっと」についてご講演頂きました。
今回の講演では、現在の豊中市の実情や虹ねっとが発足された生い立ち、そして今後の課題などをお話して頂きました。
虹ねっとは平成 19 年に医療と介護の連携に必要性を感じていた方々と豊中市・地域包括支援センターの方々が意見交換会を始めたのがきっかけで発足されました。そこから連携の仕組みづくりをする「虹ねっと連絡会」が発足され、様々な活動をされてきたとの事でした。
今後の高齢社会において地域包括ケアの構築は急務ですが、前防先生は市内だけで地域包括ケアを完結させるのではなく、市外とも連携を交えていく必要性を訴えておられました。医療介護の連携の効果は、急性期レベルでの障害予防を図ること、その方の状態像に合わせて希望に沿った療養場所で安心してケアを受けられること、が目標であると仰っておられました。医療介護連携のポイントは在宅医療の充実であり、その為に、行政との連携強化、医師会非会員との連携を図り普遍性の確保、情報共有の発展、といった課題を挙げられていました。
アットホームなご講演で質疑応答も盛んに行われ、99 回にふさわしい非常に有意義な勉強会となりました。

第98回 医療と介護の勉強会
がん患者さんの看取りから学んだこと
目黒クリニック 目黒 則男 先生

医療と介護の勉強会

2019年1月24日(木)19:00〜

今回は、 目黒クリニック院長の目黒則男先生をお招きして、がん患者の看取りについて、先生が実際に担当された症例を通じて日々の診療で感じること、失敗したこと、学んできたこと、診療で心がけていることなどを中心にご講演いただきました。
私自身、 普段あまり関わることが少なかった看取りについてでしたが、先生のお話をお聞きし、看取りにマニュアルはなく、 その方に寄り添い、 工夫、苦悩しながら「その人それぞれの看取り方」 を導き出していく。 お一人お一人に真剣に向き合い診療をされている先生の情熱に感銘を受けました。また、 人の生死に関わる診療のお話を通じて命の重みというものを改めて感じることが出来ました。貴重なお時間をありがとうございました。

2019年の勉強会 2018年の勉強会 2017年の勉強会 2016年の勉強会 2015年の勉強会
2014年の勉強会 2013年の勉強会 2012年の勉強会 2011年の勉強会 2010年の勉強会
2009年の勉強会
開催予定の勉強会 2019年の勉強会 2018年の勉強会 2017年の勉強会 2016年の勉強会 2015年の勉強会 2014年の勉強会 2013年の勉強会 2012年の勉強会 2011年の勉強会 2010年の勉強会 2009年の勉強会
外来診療 外来診療のご利用 在宅診療 在宅診療のご利用 よくある質問 患者様の声 連携病院のご紹介
通所リハビリ 通所リハビリのご利用 訪問リハビリ 訪問リハビリのご利用 よくある質問 介護の現状 ケアマネージャー様へ
法人理念・基本方針 院長ご挨拶・ご紹介 スタッフ紹介 訪問エリア アクセス 個人情報保護方針 スタッフ募集
訪問診療依頼票 相談・質問・お問い合わせ
訪問エリア
訪問エリアマップ

大阪府豊中市千里中央を拠点に、豊中市北部、吹田市北部、池田市・箕面市の一部。